ごあいさつ

姫きもの
熱田神宮・秋季企画展 出展作品「姫きもの」 (留袖を使用)
熱田神宮・秋季企画展 出展作品「姫きもの」 (明治時代の丸帯を使用して慶長小袖様に)
熱田神宮・秋季企画展 出展作品「姫きもの」 (明治時代の丸帯を使用して慶長小袖様に)
熱田神宮・秋季企画展 出展作品「姫きもの」 (留袖を使用)
熱田神宮・秋季企画展 出展作品「姫きもの」 (留袖を使用)

 

 

古裂美術工房では江戸末期より現代に至る各種着物の収集と保存、展示等を行っております。

また 収集した着物の中には残念な事に保存が悪く着物として着用することが不可能に近い状態にもかかわらず歴史的価値の高い物も多数保有しております。

工房では収集した数多くの貴重な着物のデザイン・縫製技術を研究し、「姫きもの」という全く新しい芸術作品として現代に甦らせ国内はもとより海外にて数多く発表させて頂いております。

 

古裂美術工房が誇るアンティーク着物コレクションを用いて製作される「姫きもの」


この芸術性の高い作品を一人でも多くの方に知っていただき、時代を経て受け継がれる着物の素晴らしさを体感して頂けましたら幸いです。

また、古裂美術工房の人材の中には「姫きもの」だけでなく、着物に係わる着付け・着こなし・着物に関するTPOを含む全般、また「姫きもの」用の衣桁を含めた竹製品など、それ以外にも多彩な和の知識や技術を持った人材が集まっております。



なお、工房にて収集・保存している「着物」の中で、明治~昭和初期にかけての花嫁衣裳や振袖また留袖、訪問着などを各種展示会や発表会などにお貸しする事が可能です。

ご希望の方は古裂美術工房本部事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 



私達「古裂美術工房」は、日本の伝統文化である「着物」の文化を広めることを目的とし各種着物の収集と保存・展示を行っております。また収集した貴重な着物を研究し「姫きもの」と言う新しい芸術作品として甦らせ製作発表をしております。

トップへ